独学塾(丹野独学塾)福島県いわき駅北口から徒歩3分

 独学塾は個別指導、個別対応で、塾生とのコミュニケーションを大切にしています。

丹野独学塾のコンセプト

 福島県いわき市平(いわき駅北口徒歩3分)にある丹野独学塾は大学受験、高校受験のための学習塾です。

 

 最近の受験では、小論文、面接、プレゼンテーションも、重要になっています。それは、自分で問題を提起し、自分で問題解決できる人材が求められているからです。これらの能力を磨けます。

英語、数学、小論文、面接に自信があります。                    

 中高一貫・6年間で基礎から応用。

 言語能力と数学を磨いて、あらゆる分野で活躍できるエリートを育成します。

                 

 こちらからネットでご注文できます。

 

セブンネット もしくは アマゾン

丹野独学塾からホットなお知らせ

 丹野独学塾では、大学受験コース、英語と数学、小論文を徹底的に勉強したい方を募集しています。やる気のある方は、ぜひ お問い合わせください。 全体で最大11名までの少数精鋭をめざす学習塾です。高校受験に向けて、今すぐやらなければならない中学生を募集します。どんな時代が来ても基礎学力は、あなたの心強い味方になります。

  

2024年 6月 10日 現在

ただ今、高校生(2名) 中学生 1名 募集しています。  英検準1級 ・ 英検2級   合格者 多数

面接対策に自信があります。 

 2024年 3月 合格実績

 

 磐城高校

         

 2023年 3月 合格実績 

 

 お茶の水女子大学 (文教育)、   福島大学 (経済) 帝京大学 (経済)

 

 

 2022年 3月 合格実績

 

 筑波大学(工学システム)、 秋田県立大学(生物資源)

 東京農大(地域環境)、明治学院大学(国際経営)

                  

 全員が第一志望校に合格いたしました。ありがとうございます

 

             

   令和6年   6月 10日現在。6名全員がそれぞれの目標に向かって邁進しています。

  勉強を軸に、一人一人がもつ多様な潜在能力を引き出し、希望に満ちた大学生活へ

  と導くサポーターとして39年、丹野独学塾はこれからもその役割を果たし続けます。

       

【asahi SALL.Y】に載りました (平成25年6月号)

【わたしを語る】という題目にて、朝日新聞の asahi SALL.Y に特集されました。 

華美
華美

 新年の辞 令和 5年

卯年、この言葉で始めたい。

If I am free, it is because I am always running.

ジミヘンこと、史上最高のロックギタリストと呼ばれるジミ・ヘンドリックスのクールな名言だ。人間は自由で生まれてくるのに、いつの間にかさまざまな鎖でつながれてしまう。

 日本は制度的には自由な国だが、そこで暮らす僕らはどうだろうか。「オレは自由だぜ!」と胸を張れるだろうか。自由というのは、強制・拘束・妨害を受けずに

自分の意志で行動することである。「勉強しろ」と言われてしぶしぶするのは自由ではないが、「面白い」「もっと知りたい」と興味を持って取り組んだ時、それは自由になる。というのは正論だがちょっと説教くさい。

 新年、新しいことを始めてみませんか。あなたは自由になる。自由な人は他の人の自由も認めるから、みんなが自由で愉快な社会を作ろうではありませんか。

 

 

 

いわき民報 「塾長閑話」 より抜粋

 

毎週金曜日 掲載されています

 

 

  「卒業おめでとうございます!  はなむけの言葉」

 

 人はチャレンジできなくなったときに老いるのだと思う。卒業式を迎える高校生諸君は、これから何回でも、どんなことにでも挑戦できる。30歳でも60歳でも90歳になってもチャレンジし続けてほしい。ボクも頑張るよ。

 ピンチの乗り切り方を伝授するよ。

 まず、失敗で気持ちが沈んだ時にーー

 ボクは海に入って水中で一回転してから砂浜に戻り ”I am the king of the world.” と叫ぶ。

これで気分すっきり。

 仕事でうまくいかないときにーー

 人生とは、舞台で役を演じていると思ってみる。営業職だったら、営業マンを演じてみる。

すると客観的に職業と自分を見ることができ、どうすれば成果が上がるかわかる。

 最後にいつも身につけていたい武器は、笑顔だ。笑うと筋肉がほぐれて、心身ともにパフォーマンス力がアップする。時には、笑ってごまかす、という手も使える。

 人生は何とかなる。

 できると思えばできる。できないと思えばできない。

 さあ、笑顔で挑戦しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                

    

  

華美
華美

 新年の辞 令和 5年

卯年、この言葉で始めたい。

If I am free, it is because I am always running.

ジミヘンこと、史上最高のロックギタリストと呼ばれるジミ・ヘンドリックスのクールな名言だ。人間は自由で生まれてくるのに、いつの間にかさまざまな鎖でつながれてしまう。

 日本は制度的には自由な国だが、そこで暮らす僕らはどうだろうか。「オレは自由だぜ!」と胸を張れるだろうか。自由というのは、強制・拘束・妨害を受けずに

自分の意志で行動することである。「勉強しろ」と言われてしぶしぶするのは自由ではないが、「面白い」「もっと知りたい」と興味を持って取り組んだ時、それは自由になる。というのは正論だがちょっと説教くさい。

 新年、新しいことを始めてみませんか。あなたは自由になる。自由な人は他の人の自由も認めるから、みんなが自由で愉快な社会を作ろうではありませんか。

 

 

 

いわき民報 「塾長閑話」 より抜粋

 

毎週金曜日 掲載されています

 

 

  「卒業おめでとうございます!  はなむけの言葉」

 

 人はチャレンジできなくなったときに老いるのだと思う。卒業式を迎える高校生諸君は、これから何回でも、どんなことにでも挑戦できる。30歳でも60歳でも90歳になってもチャレンジし続けてほしい。ボクも頑張るよ。

 ピンチの乗り切り方を伝授するよ。

 まず、失敗で気持ちが沈んだ時にーー

 ボクは海に入って水中で一回転してから砂浜に戻り ”I am the king of the world.” と叫ぶ。

これで気分すっきり。

 仕事でうまくいかないときにーー

 人生とは、舞台で役を演じていると思ってみる。営業職だったら、営業マンを演じてみる。

すると客観的に職業と自分を見ることができ、どうすれば成果が上がるかわかる。

 最後にいつも身につけていたい武器は、笑顔だ。笑うと筋肉がほぐれて、心身ともにパフォーマンス力がアップする。時には、笑ってごまかす、という手も使える。

 人生は何とかなる。

 できると思えばできる。できないと思えばできない。

 さあ、笑顔で挑戦しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                

    

  

クリックしてくださいね 本文を見ることができます。
sally1.jpg
JPEGファイル 789.1 KB
海の男
海の男